鉄リサイクルのために、鉄スクラップを買取っています。 鉄は我々の最も身近にある金属です。安価で入手が容易、かつ加工しやすいので、釘やネジ、車の外装、自転車のフレーム(アルミニウムやチタンのものもある)、飲料缶(アルミニウムの缶もある)、パソコンの筐体(ケース)等、様々なところに使われています。

集荷・持ち込み

工場や家庭等様々な場所から発生した鉄屑を集荷、お持ち込みによって買取します。

加工処理

収集された鉄スクラップは一般的に以下のいずれかの方法で加工されます。

1.プレス(圧縮)加工

あき缶や新断クズなどはプレス処理いたします。

2.シャーリング(切断)加工

パイプや建材など、厚みと長さがある材料を一定の長さに切断する加工を行います。

3.シュレッダー(破砕)加工

自動車等、非鉄金属(鉄以外の金属)や非金属(プラスチック・ゴムなど金属以外のもの)が多く含まれたものはシュレッダー加工いたします。

4.ガス切断加工

機械やその他大きな材料でできていて、大きさや厚みがあるために上記3つの加工方法が不可能な場合はアセチレンガスのバーナーにより手作業で溶断します。

スクラップ製品加工

スクラップは、その種類によって定められた規格(製品の種類と検収規格)に加工され、主に製鋼メーカーに納入されます。

 

加工製品は、材料の種類や加工法により規格が決まっています。品種としては、ヘビー(主にシャーリング加工されたもの)、プレス(プレス加工されたもの)、シュレッダー(シュレッダー加工されたもの)、新断(新断くずを処理したもの)、ダライ粉(旋盤の削りクズ)などがあり、それぞれ品質などによって等級が定められています。

製鋼と再生製品加工

加工されて鉄以外の不純物を取り除かれた鉄スクラップは、高炉等で溶かされて再び新しい鉄に生まれ変わります。

 

再生された鉄は、建材として使用される棒鋼やH型鋼として製品化される他、近年では薄板などにも加工されています。